「勇気名言集」カテゴリーアーカイブ

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

座右の銘とか著名人の名言とか、あるいは諺とか。

たった、わずかの言葉なのに心の中の神棚や床の間に鎮座し、じっと自分の行動を見つめている、時折、怖くなり憎たらしくなる存在です。

そんな言葉を選んだばかりに、言葉と裏腹の行動を取れば自己嫌悪に苛まされ、言葉の通りに事が運ばなければ言葉の真意を疑い、言葉の重さに耐えかねて忘却の彼方に捨ててしまったこともあるけれど、必ずいつの間にか元の場所に鎮座している、とても厄介な相手です。

しかし、言葉を忘れるほど夢中になった時、いつしか言葉の通りの行動を実践して、確かな結果を得られると、鎮座して難しい顔だった言葉は、ほんの少し微笑んでくれたり。

そんな時は、ああ、この言葉こそ俺の座右の銘だよな、とか、やっぱり俺にぴったり合っている名言だよな、なんて1人密かに感動もします。

言葉はどれほど背中を後押ししてくれるでしょうか?

自分を勇気づける存在、いろいろありますが、時に欠損していたパズルのピースがぴったりはまるような、自分の気持ちに盤石の勇気を与えてくれる言葉と出会うことがあります。

そんな言葉を持っている人は、持っていない人より、ほんの少しだけ、しかし確実に強くなれます。

できれば若いうちに、そんな素敵な言葉と出会ってください。

お金に関する名言!勇気名言集

ビジネスパーソンであれば自分の働いた対価は当然、シビアに考えるべきです。

お金のためでなく生きがいだとか仕事が好きだから働いているなんて嘘っぱち、働いた分に対して正当な報酬がなければ、誰が好き好んで他人から侮蔑や屈辱を受けるでしょうか?

「人々はお金で尊いものは買えないという。そういう決まり文句こそ貧乏を経験したことのない何よりの証拠だ」 続きを読む お金に関する名言!勇気名言集

ボビー・ジョーンズの言葉!勇気名言集

「私は勝った試合からは何も学んだことはないけれど、負けた試合からはじつに多くの教訓を得ました」

これはアマチュアでありながら、1930年に全英のオープンとアマチュア、全米のオープンとアマチュアの4大タイトルを獲得、年間グランドスラマーとなったゴルフの球聖、ボビー・ジョーンズの言葉です。

プロすら勝てなかったボビー・ジョーンズの記録は未だ、破れることはありませんが、アマチュアのまま引退したジョーンズはその後、地元のアトランタに戻り、弁護士業を続けながらアメリカ・ゴルフの楽園の地と言われたオーガスタ・ナショナルを作ったことも有名ですね。 続きを読む ボビー・ジョーンズの言葉!勇気名言集

良き敗者であれ!勇気名言集

尊敬できるライバルであれば、競い合うほど負けるものです。

もちろん負けることはけっして恥ではありませんが、どのようにして負けるか、それがビジネスパーソンとして大切なところといえるでしょう。

勝負の世界には「Good Loser」という言葉があります。

良き敗者たれ。

そういう意味ですね。 続きを読む 良き敗者であれ!勇気名言集

ニーチェの言葉!勇気名言集

ビジネスパーソンであれば企業の利益というひとつの目標に組織として並列で向かっていかなければなりませんが、並列でも能力差があり、必ずしも一直線というわけではありません。

自分より優れていると思われる能力に対しては嫉妬が誰でも起きるものです。

妬みや嫉みはそのまま放置しておけば自分の品位を貶めることになりますが、逆に能力差のある相手をライバルと見れば自分のポテンシャルを高めることになります。 続きを読む ニーチェの言葉!勇気名言集

人間関係を円滑にする言葉!勇気名言集

ビジネスパーソンであれば社内における人間関係というのも企業で成功するためには潤滑に行う必要があります。

しかし社内の人間関係、本来はひとつの目標(要するに企業利益ですね)に向かって並列に進むので意思統一、疎通が図られているべきなのですが、並列に競争原理を持ち込むから人間関係、ややこしくなってきます。

「なぜ、このように悪口が絶えないのか。人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている」 続きを読む 人間関係を円滑にする言葉!勇気名言集

賢者は聞き、愚者は語る!勇気名言集

世の中、ラクな仕事ほど足元が危ういのが常です。

ラクして儲けようと思うのは当然ですが、そのラクを考えるためには頭を使わなければなりません。

人一倍、侮辱と屈辱にまみれてこそ一人前と言われる営業も、人一倍の侮辱と屈辱にまみれている間に何かを学ばなければ人間崩壊につながってしまいます。

営業といえば何より話術が求められる職業ですが、話術を磨いているだけでは半人前。 続きを読む 賢者は聞き、愚者は語る!勇気名言集