呪いの言葉は自分に返ってくる

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

良い言葉というのは良い力を持っています。

反対もそうで、悪い言葉には悪い力が宿ります。

誰かを傷つけたり貶めたりするような言葉には、負の力が宿っています。

愚痴や悪口がそうです。

ネガティブな感情、言葉には、ネガティブな力が込もるのです。

その代表例が、呪いの言葉でしょう。

スポンサードリンク

誰かを呪うということは、それだけ負の力をその相手にぶつけるということです。

不幸や災いが訪れるようにと、相手を呪います。

呪いの藁人形などと共に、呪いの言葉も多く存在します。

おまじないというのも、元々は呪いの言葉でした。

言葉の力は昔から信じられ、呪術師やシャーマンがその言葉を使っていたのです。

『あんな奴、不幸になってしまえばいいのに』と口にしていると、実際にその効力が表れます。

もちろん、そういった力が効かない強い人もいますが、少なからず影響はあるはずです。

しかし、そういった力は自分にも必ず返ってきます。

『人を呪わば穴二つ』という言葉があります。

これは、誰かを呪い殺すとその怨念が自分にも返ってきて、墓穴が二つ必要になる、という意味のことわざです。

呪いの力は、自らに返ってくるのです。

ネガティブな感情、言葉、力の応酬なんて、たまったものではありませんよね。

人を呪うよりも、自分を高めるのに力を費やした方が得策のはず。

呪いの言葉は使わないようにしましょう。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク