マドンナの自信!使えるものは何でも使う

女性としての魅力を向上させることは結果的に恋愛を成就させる力に導きますが、シャネルが美しさと装い、謙虚という3つの条件を出したように、成功を収めている女性は必ずトータルバランスを重視しています。

たとえばマドンナ。

「女性はオッパイやお尻ではなく頭をつかうべきだと言うけれど、でも女性はすべてを使うべきなのよ」

マドンナもまた、シャネルと同じように最初から成功の環境を持っていたわけではなく、20歳でニューヨークに来た時は所持金が36ドルだったことは有名な話ですね。 続きを読む マドンナの自信!使えるものは何でも使う

教養を与えるのも男の役割!恋愛名言集

ココ・シャネルの言葉には女性の恋愛力を強めるエッセンスが詰まっていますが、もちろん彼女は最初からそれらを備えていたわけではありません。

むしろ、一般的な日本女性より素地が何もない状態だった、と言えるでしょう。

歌手を夢見て、回りに群がる将校たちと遊んでいたシャネルに教養を与えたのは、結果としてシャネルが生涯を通じて愛したアーサー・カペルです。

シャネルが将校たちと遊んでいただけでは、たとえセンスの発露があったとしても20世紀を代表するほどのファッション・デザイナーとなったかは、疑問といえるでしょう。 続きを読む 教養を与えるのも男の役割!恋愛名言集

ココ・シャネルが言った3つの条件!恋愛名言集

「美しさは女性の『武器』であり、装いは『知恵』であり、謙虚さは『エレガント』である」

ココ・シャネルはこのようにも言っています。

武器と知恵とエレガント。

これを女性たちが自分なりに理解すれば、それは恋愛だけでなく女性としてのスキルアップにもつながるわけですね。 続きを読む ココ・シャネルが言った3つの条件!恋愛名言集

シャネルが生涯愛した男!恋愛名言集

ココ・シャネルの波瀾万丈な人生を解説していたら、このコラムだけでは足りなくなってしまうので割愛します。

ただ、孤児院や修道院で育ち、歌手を夢見るお針子が20世紀を代表するファッション・デザイナーになるまでの道程がけっして平坦ではなかったことは容易に想像がつくでしょう。

シャネルの教養の素地を作ったのはイギリス軍大尉であり青年実業家でもあったアーサー・エドワード・カペルです。 続きを読む シャネルが生涯愛した男!恋愛名言集

下品こそもっとも醜い言葉!恋愛名言集

ココ・シャネルの名言、「運命の出会いが今日あるかもしれないから、できるだけかわいくあるべき」という言葉には、男に媚びろ、とか、男を逃すな、とか、そんな下世話な恋愛観は一切含まれていないところがシャネルらしいところです。

続いてココ・シャネルの名言をもうひとつ。

「私は贅沢が好きです。贅沢とは、お金を持っていることや、ケバケバしく飾り立てることではなく、下品でないことを言うのです。下品こそ、もっともみにくい言葉です。私はこれと闘う仕事をしています」 続きを読む 下品こそもっとも醜い言葉!恋愛名言集

言葉には力がある!