容姿端麗男がフラれるワケ!恋愛名言集

はっきり言って、容姿端麗な男がモテるのは若い頃だけです。

容姿端麗に憧れて付き合う女性はやがて、その容姿に飽きて他の男に乗り換えますが、端麗な男はその理由が分からず、またすぐに他の女性が寄ってくるので、その理由はいつまでも分からず仕舞いであることが多いのです。

「他の人が脱ぎ捨てたドレスを喜んで着る女性はいません。けれど男のことになると、それほど選り好みをしないものです」と言ったのは18歳の時に『悲しみよこんにちは』で鮮烈デビューしたフランスの作家、フランソワーズ・サガン。

サガンの場合は選り好みをしなさ過ぎ、とツッコミを入れたくなりますが、確かに女性はフラれた男に対してけっして冷たくありません。 続きを読む 容姿端麗男がフラれるワケ!恋愛名言集

女にモテたければモテる男から学べ!恋愛名言集

好きな女性と付き合うためにはどうすればいいのか?

これは好きになった女性次第で変るので、定石はありません。

なのに、恋愛できない男に限って恋愛マニュアルなどを真剣に読んで実践しようとします。

そんなマニュアル、なんの役にも立たないし書いている連中に限って恋愛経験が乏しいものです(恋愛を少しでも知っているなら定石が存在しないことを知っているはずですからね)。

だからといって、男が恋愛のスキルを上げる方法がないわけではありません。 続きを読む 女にモテたければモテる男から学べ!恋愛名言集

なぜ恋愛の果ての結婚を考えるか?恋愛名言集

「結婚したらいろいろ分かってきますよ。いままでは半分、謎だったことが」

こう言ったのはウィーン古典派三大巨匠の一人に数えられるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。

結婚に対する、じつに含みのある言葉ですね。

最近の日本の男に見られる恋愛経験の少なさは、その先に結婚を常に考えているからではないか、と前項で述べましたが、結婚を常に考えているタイプは2つに分けられます。

1つは恋愛しても結婚すれば経済的なことや自分の時間など1人で享受できる楽しみが奪われるので、恋愛するのがイヤ、というタイプ。 続きを読む なぜ恋愛の果ての結婚を考えるか?恋愛名言集

恋に終わりを感じるのはどっち?恋愛名言集

女性が魅力を高めれば、男は当然のごとく吸い寄せられていくものですが、なぜか最近の男は吸い寄せられるケースが少なくなっています。

これはけっして、すべて女性が原因というわけではなく、男の恋愛観が変わってきていることも要因のひとつでしょう。

フランスの劇作家であり小説家であったアンリ・ド・モンテルランは以下の名言を残しました。

「女性は恋に限界がないと考えるが、男は恋に限界があると考えている」

また、アメリカの女性コラムニスト、ヘレン・ローランドも次のように言っています。 続きを読む 恋に終わりを感じるのはどっち?恋愛名言集

おわら風の盆が持つ日本的色気

セクシーさは女性のトータルバランスの中で重要な魅力のひとつとなりますが、外国人女性では似合うセクシーさも日本人女性が真似をすると、途端に下品になることがよくあります。

日本のセクシーさは近代まで色気で表現されてきました。

むしろ魅力を隠す文化ですね。

身体の線を隠す着物の下に赤襦袢を着用するのはその代表例といえるでしょう。

現代にいきなり近代の色気を取り入れるというのは高いセンスが必要となりますが、学び取ることは可能です。 続きを読む おわら風の盆が持つ日本的色気