なぜ恋愛の果ての結婚を考えるか?恋愛名言集

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

「結婚したらいろいろ分かってきますよ。いままでは半分、謎だったことが」

こう言ったのはウィーン古典派三大巨匠の一人に数えられるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトです。

結婚に対する、じつに含みのある言葉ですね。

最近の日本の男に見られる恋愛経験の少なさは、その先に結婚を常に考えているからではないか、と前項で述べましたが、結婚を常に考えているタイプは2つに分けられます。

1つは恋愛しても結婚すれば経済的なことや自分の時間など1人で享受できる楽しみが奪われるので、恋愛するのがイヤ、というタイプ。

スポンサードリンク

1つは結婚すれば1人の寂しい時間を解消することができ、しかも子供を残せて楽しい人生を送れるので恋愛をして早く結婚したい、というタイプ。

結局のところ、どちらも自分本位で相手のことを考えていません。

これでは女性に真意を見透かされ、恋愛に発展することはないでしょう。

早く結婚したいタイプにはいくらか恋愛経験の可能性は残されていますが、それでも相手の女性との利害関係、つまり早く結婚したい願望を持つ女性と一致するだけであり、そこに情熱的な恋愛関係は成立しません。

もちろん、それも人それぞれの人生なので口出しすることではありませんが、少しでも恋愛を欲するのであれば、ゴール地点を考えずに走り出すことをお勧めします。

おそらく、男が考えている結末通りに進まないのが恋愛ですから。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク