イチロー選手が考える苦悩と天才!偉人名言集

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

偉業を成し遂げた人の名言、政治家の次はスポーツ選手です。

スポーツは数字が結果として残るだけに、偉業は誰もが認めやすいという明白な部分があります。

たとえば野球のイチロー選手。

1991年にプロ入りしてから2015年現在でも現役を続け、メジャーリーガーのNPB・MLB(日本のパ・リーグやセ・リーグみたいなもの)の双方で多数の記録を残している日本屈指の選手ですが、その求道的姿勢はすでに数々の名言を残しています。

スポンサードリンク

「努力せずに何かできる人のことを天才というのであれば、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのであれば、僕はそうだと思う」

このイチロー選手の言葉、偉業を成し遂げた人が必ず持つ、共通した認識ですね。

「苦悩というものは、全身でしたいって思いがあって、それを乗り越えられる可能性のある人にしか訪れない。だから苦悩とは飛躍なんです」

これも偉人に共通する認識でしょう。

チャーチルやリンカーンも同じようなこと、つまり逆境や煮詰まった時こそチャンスがある、と言っています。

イチロー選手にこんなこと言われちゃうと、日々、些細なことで悩んでいる常人は、けっしてそれを口に出して「苦悩」などと言えなくなってしまいますね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク