賢者は聞き、愚者は語る!勇気名言集

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

世の中、ラクな仕事ほど足元が危ういのが常です。

ラクして儲けようと思うのは当然ですが、そのラクを考えるためには頭を使わなければなりません。

人一倍、侮辱と屈辱にまみれてこそ一人前と言われる営業も、人一倍の侮辱と屈辱にまみれている間に何かを学ばなければ人間崩壊につながってしまいます。

営業といえば何より話術が求められる職業ですが、話術を磨いているだけでは半人前。

営業にはもっと大切なことがあると教えてくれるのが次の諺でしょう。

「神は人間に一枚の舌と二つの耳を与えた。ゆえに話すことの二倍だけ聞け」

スポンサードリンク

これは古代ギリシャの哲学者、ゼノンの言葉です。

営業の初歩が顧客とのコミュニケーションであれば、自分から一方的に話しているだけでは相手の真意が見えてきません。

それよりも相手に話させた方がコミュニケーションは取りやすくなり、しかも自分から話す必要がないので仕事もラクになります。

ちなみに松下幸之助もこんな名言を残しています。

「私は人の話を聞くのが上手です。私は学問のある他人が全部私よりよく見え、どんな話でも素直に耳を傾け、自分自身に吸収しようと努めました。よく他人の意見を聞く、これは経営者の第一条件です」

まさしくイスラエルの王、ソロモンが名言を残したように「賢者は聞き、愚者は語る」ですね。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク