小説の一文一文の言葉の力

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

言葉を紡いで物語を創るのが小説です。

世の中には優れた小説が多くあり、その中にはたくさんの力のある言葉が埋まっているのです。

ちょっとした一文でも、それが人々の心を打つことや、想像を喚起させたりもします。

働いていれば、文章を書くこともあるでしょう。

レポートの提出や、人への伝言、企画書などにも文章は必要です。

企画の面白さも大事な伝言も、文章が下手だと伝わらないこともあります。

スポンサードリンク

反対に、文章が良ければ面白そうに見えたり、人へのお願いも聞いてくれることもあるでしょう。

それだけ、文章は大事なのです。

文章が上手になりたいと思うのならば、小説に学ぶのです。

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。』

有名な川端康成の小説『雪国』の冒頭の一文です。

日本で最も有名な冒頭文かもしれません。

この一文を読めば、小説の中の光景が思い浮かぶでしょう。

それと同時に、その世界の中に引き込まれてしまうのです。

『恥の多い生涯を送って来ました。』

太宰治の『人間失格』の中の一文です。

言い切ってしまう覚悟と力強さが感じられます。

『吾輩は猫である。名前はまだない。』

夏目漱石の『吾輩は猫である』の冒頭文です。

するっと入ってきて、興味を抱かせ、読み進めたくなる名文です。

素晴らしい本の中には、素晴らしい文章が施されています。

文章を上手くなりたいと思うのなら、それらの名作に倣ってみましょう。

文豪にまではなれなくても、きっと仕事にも役立つほどの文章力は身に付くはずです。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク