詩に詰まっている言葉の力

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

俳句、川柳、短歌、詩。

少ない言葉でも、様々なことを表現しています。

俳句や川柳は5・7・5で表し、世界一短い定型詩と言われています。

学校の国語の授業で習ったこともあるでしょう。

あるいは、実際に詠んだことがある人も少なくないはずです。

少ない言葉で表現したいことを伝える、人の心に届けるような句にするというのは、簡単なことではありません。

スポンサードリンク

それだけに言葉を選び、ベストな句にする必要があります。

優れた句というのは、そうして作られています。

熟考の末、言葉は最大限の力を発揮し、人々の心を打つ句になるのです。

詩も同様です。

詩の方が俳句などよりも字数制限がなく自由が効く分、言葉の選び方も重要になってきます。

どんな言葉を使うかで詩の印象はガラリと変わり、読み手への伝わり方も変わってくるものです。

いつの世もどの国でも、数々の詩が詠まれ、人々は感銘を受けてきました。

言葉の力は、いつでもどこでも、そこに込められていたのです。

俳句や短歌、詩など、少ない言葉の中にその力を感じてみてください。

きっと大きな力をそこに感じることでしょう。

短い詩は、言葉の力の宝庫なのです。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク