時代を映す言葉

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

言葉は時代を映します。

明るい時代には明るい言葉が、暗い時代には暗い言葉がよく使われます。

言葉ほど世の中を映すものはない、と言っても過言ではありません。

戦時中、高度経済成長期、バブル期、その時々に使われている言葉を見るだけで、どんな時代だったかがわかるはずです。

では、今の時代はどうでしょうか?決して明るい時代とは言えません。

使う言葉も、どんよりとしています。

スポンサードリンク

気付けばネガティブな言葉を使っていたりしませんか?

居酒屋に行けばサラリーマンたちが愚痴を言い合い、若者も上辺だけの楽しい会話をし、ニュースではネガティブな言葉が飛び交っています。

もちろん、時代が言葉を選んでいるので、しょうがないことでしょう。

しかし、言葉が時代を作ることだってあります。

どんなに辛くても、楽しいと言っていれば楽しくなってきます。

明るい言葉は、気持ちを明るくしてくれるはず。

世の中の人全てがそうしていれば、どうなるでしょう?

人が時代を作るのですから、時代が明るくなりますよね?

『自分だけがそんな風に言っていたって……』なんて思わず、明るい言葉を使ってみてください。

その小さな一言が大きな渦になり、時代を作るかもしれません。

明るい時代は、あなたの一言から始まるのです。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク