誓いの言葉の大きな力

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

『汝、病めるときも健やかなるときも……』

教会で行う結婚式で、神父が二人に問う有名な言葉です。

どんなときでも二人が夫婦として愛し合うことを誓うものです。

神の前で、列席者の前で宣誓をします。

『誓います』という一言だけですが、その言葉は重く、聖なる力を持ちます。

口に出したとき、きっとそこには大きな覚悟があるはず。

スポンサードリンク

一生を添い遂げる覚悟です。

結婚式の宣誓の言葉には、それだけ大きな力があるのです。

他の場面でも、誓いの言葉には、大きな力が宿ります。

セブンイレブンでは誓いの言葉というものがあり、仕事に入る前にその言葉を唱えます。

お客様のために、店のために、自らのために誓うその言葉は、従業員に浸透し、接客の礎になっています。

入学式や入社式などで、新入生や新入社員が誓いの言葉を宣言するところもあります。

その言葉で気持ちを改め、新しい一歩を踏み出せるのでしょう。

誓う際は、何に誓っても構いません。

神様でも、友人など周りの人でも、自分自身にでもいいのです。

誓いの言葉は、決意表明です。

『これから絶対に〇〇する』『今後は〇〇しない』

そう誓うことで、言葉が大きな力を宿します。

その力が、自らの決意を守ってくれる手助けになるはず。

誓いの言葉の大きな力。

成し遂げたいことがあるのなら、まず誓い、その力を借りましょう。

こんな記事も読まれています:

スポンサーリンク