頑張れ!はネガティブな言葉?

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ

よく使われている言葉『頑張れ!』。

何かしょげている人などに、『頑張れ!』と声をかけたこともあるでしょう。

励ましの言葉だと思っている人が多いようです。

確かに、それで励まされる人もいます。

『頑張ろう』と思えることもあります。

しかし、必ずしもそうとも言い切れません。

スポンサードリンク

一生懸命やっても結果がついてこなかった人、出来る限りのことをやってもダメだったとしょげている人に、『頑張れ!』と声をかけても、それは励みになるでしょうか?

頑張ってきたのに報われなかったとき、『もっと頑張れ』というのは酷ではありませんか?

『今まで精一杯頑張ってきたのに、これ以上頑張らないといけないの?』

『今まで頑張っていなかったと思われているの?』

そんな風に思う人もいるかもしれません。

やる気が削がれることも。

それよりも、『頑張ったね』『お疲れ様』のような言葉の方が励まされるときもあります。

言葉は、人によって感じ方が違います。

一般的には『頑張れ!』というのはポジティブな言葉に思われていますが、時と場合によってはネガティブな言葉になってしまうのです。

力になる言葉をかけたいと思うのなら、相手を見て、それに合った言葉をかけるようにしましょう。

その人のためになる言葉こそが、最もポジティブな言葉なのです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサーリンク